myMENU_BTN

美容整形外科医を選ぶためにはどうすれば良いでしょうか?

な整形手術を受けるのに最適である。

のソウル江南(カンナム)だけでも整形外科が約380ヶ所ある。

このようなたくさんの整形外科の中で、現地に住む韓人さえも自分に合う整形外科を見つけるのが容易ではない。

それでは、外人が失敗せずに、どのように整形外科を選択すればいいのか、有用な要領について整理してみた。

 

1. 病院と手術にする情報をできるだけたくさん集める。

私が長い間んでいた整形手術について、できるだけたくさんの情報を調べる。 ‘知っているだけ、良い選択ができる!’という言葉のように、正しい情報は正しい選ができるようにする。療分野だから難しく思えるが、整形手術は本人が望んで受ける手術であるため、自分が望む化を得るためには、どのような手術が可能であるかを把握して接近するのが重要だ。

自分より前に整形手術を経験した人した師と病院についての感想を調べてみる。

大部分の消費者の80%は、自分のような心事を持つ他の消費者の意見を信するという。特に整形手術においては、他の患者の手術レビューと経験値が重要な要素である。

しかし、過度にフォトショップされた前後写真やセルフカメラのアプリで誇張された写真のレビュは、ふるいにかけるのがよい。率直な手術前後の写真とレビューを調べた後、自分が追求する美的基準に合う師、または病院であるかを確かめた方が良い。

レビューを確認する際、ある病院をあまり褒めすぎたり、必要以上に肯定的な褒め言葉だけの病院レビューは病院が意的にアップロードした告性レビュである可能性が高いことに注意しなければならない。

 

2. 自分が行きたい病院リストを作る。

病院リストを作る際、病院の誇大告にだまされてはならない。

あまりにも低格の告を出す病院は避けたほうがよい。美容整形手術は高度の知識と技術が要求される療行であることを忘れず、他の病院の平均より低い格であれば、何か問題はないかとを付けなければならない。そして、自分が望む手術がうまくできると判断した候補病院リストを作ろう。

 

3. 師の門分野と代表施術を確認し、師が美容整形外科であるかを確認する。

ただし、鼻の手術は耳鼻咽喉科のが行う場合もあり、顔面輪郭手術は口腔顎顔面外科門的に手術する場合もあるので考にする。

上記の方法で、自分が行くような病院と師を選別したのなら、自分が望む手術にする経験門性があるかを確認しなければならない。者はそれぞれ自分の門分野と代表手術がある。病院ホムペジ、または整形情報連のサイトで確認すれば分かる。

 

4. リストの中で、自分が行きたい最低3ヶ所以上の病院に見積もりを要請する。

他の病院と全く違う手術方法を提示したり、途方もない格を提示すればリストから除外した方が良い。あまり多くの病院の手術推薦と見積もりを受ければ、むしろ混するので、まず選した3つの病院に見積もりを要請し、どのような手術法を推薦したのか比較して、より心のある病院の見積もりを順次に要請した方が良い。

 

5. 病院に相談予約を要請する。

病院との円滑なコミュニケションができなければ、重要な情報を間違って理解したり、文化的な誤解が生じかねない。自分のカウンセリングを通してくれる療通士を探して助けを求める方が良い。療通士を雇う費用を惜しんではいけない。費用を節約しようとして、大事な事項を逃し、より大きな困難を経験する況にならないようにする。そして、自分の旅行計に合わせて、希望する時間に相談予約をする。

 

6. 病院の相談に行って、調べなければならない事項

手術途中に出て相談する師がいる病院であるかどうかをよく観察する。

全身麻が必要な場合、麻師が常住しているかを確認する。

睡眠麻の場合も、麻する事項を綿密にチェックする。

相談室長と職員たちの態度が親切なのかを観察する。自分がカウンセリングを受ける時、職員が親切でない病院は自分が麻し、苦しい時に面倒をよく見ない可能性が高い。

手術後に問題が生じた場合、病院のアフタケアポリシが何かを聞いて、確認した方が良い。

 

7. 自分の療通士と一に相談に行く。

師と相談する時は、思ったより緊張し、自分が質問したかった事も忘れる時がある。自分が何を望んでいるかを師にえ、また、医師やが言うことをよく理解するのが整形手術を成功させる最も重要な要素である。門資格を持つ療通士は、あなたのために言ってくれるし、自分が理解していない部分や医学的な部分で逃す可能性のある点を一に聞き、あなたの側に立って話す役割をしてくれる。病院に要請しなければならないことがあれば、正確にえて確認することも重要である。

 

8. 複数の手術を一度にしない方が良い。

整形手術で劇的な化をえるために、いろんな部位を一度に手術する場合がある。しかし、手術を同時に行った後にに入らなければ、後りできない。まず1ヶ所を手術し、完全に落ち着いた後、次の部位をバランスよく手術するのがより安全である。

そして、最近は特化した診療、つまり門化がトレンドである。たくさん者がそれぞれの門分野と代表施術について報している。診療と手術を1ヶ所で全部受けるよりは、鼻はどこ、目はどこ、胸はどこ、別に上手な師に手術を受けた方が良い。個人の美的な基準が違うだけに、師たちも自信を持ってできる手術分野があるはずである。